2018 ITストラテジスト试验解答例


戻る

☆更新履歴
2018.10.22 13:40 V.3.00 --- 午前Ⅱ大本営の解答例と整合し,更新を終了しました
2018.10.21 18:01 V.2.20 --- 午後Ⅰ問1発表しました
2018.10.21 17:41 V.2.10 --- 午後Ⅰ問2発表しました
2018.10.21 17:35 V.2.00 --- 午後Ⅰ問3,4発表しました
2018.10.21 11:39 V.1.00 --- 午前Ⅱ発表しました
2018.07.12 20:29 V.0.00 --- 枠を作りました

☆午前Ⅱ
問01~問10 ウエ ウウウウウ
問11~問20 ウイアウ 
問21~問25 アウウアエ

☆午後Ⅰ
問1 
設問1
(1)参照する回答候補の表示精度が向上していくから
(2)オペレータが回答候補を参照せずFAQやマニュアルを探して回答した内容
> 設問2
(1)セルフサービス機能を使ってすぐ解決したい
(2)FAQやオペレーター用のリファレンスマニュアルの内容
設問3
(1)全ての問合せに占めるチャットボットだけで解決した割合
(2)
(作業内容)回答時間の期限までにメールへの返信を行う
(効果)時間外勤務の業務コストが削減できる

問2 
設問1 工場の生産能力の余力の状況
設問2
(1)工程ごとの作業実績時間と作業の予定時間の差異を比較すること
(2)出庫する部品の入庫日を管理し古い部品から出庫する機能
(3)日毎に製造する製品を組み立てるのに必要な部品の翌日以降の部品リスト出力機能
設問3
(1)作業開始時湿度、成形後乾燥時間
(2)部品の発注が予定される日付け情報
(3)製造部門で計画した要員の時間外作業時間の削減効果

問3 
設問1
(1)
(C社)過去の部品を活用する際の契約や資料授受等の業務工数の削減
(デザイナ)過去に作成した部品の著作権が保持でき、別案件への流用が可能
(2)事務手続きのための社内工数削減
設問2
(1)機密性の高い案件情報へのアクセス制御と履歴の保持
(2)同一広告主で別代理店経由の案件に対し、提示見積額を合わせる為
設問3
(1)動画や音声に係るコンテンツの登録編集機能
(2)社内に業務ノウハウを蓄積し、継続顧客に対応する為

問4 
設問1
(1)国内の新設減少による新規案件の減少
(2)国内需要に対し新興国の需要が伸び既存品への上満もある為
設問2
(1)S社2システムからの情報をR社のAI技術で処理し、利用者の行き先を判別する
(2)他社と差別化を図った新機能を持たせ、価格以外で優位を保つ
設問3
(1)
(目的)ストックビジネスで長い売り上げを維持する為新設を何としても高める為
(施策)AIの機能追加をソフトウェアの更新で行えるようにしておくこと
(2)テナントの従業員の外出等のタイミングを推定する

☆午後Ⅱ
(論文試験のため省略)

戻る