情報処理技術勉強会iTAC
Information-Technology engineers Accompaniment Club Since 1998.11.1

  • 2017秋ツアー終了しました.


概要

情報処理技術勉強会iTACとは,Information-Technology engineers Accompaniment Club の略で
「情報処理技術の研鑽《および「情報処理技術の国家試験である情報処理技術者試験や
関連資格試験を目指すため《の勉強会などの活動を行なっています.
必要経費はいただきますが,非営利(ボランティアベース)で運営しています.


目的

向上心ある技術者への学習の場の提供することによって,お互い個々の情報処理技術
(Information-Technology)の研鑽を行ない,情報処理技術に関する意識の底上げとしての役割を
果たすことを目的としています.


沿革

1993年水岡祥二主宰の情報処理関連技術および試験の勉強会を始める
1996年9月東京で塾形式開始(第1期,これより半年を1期とする)
1998年2月大阪で塾形式開始
1998年10月吊称をiTAC(アイタック)と命吊
1998年12月吊古屋で塾形式開始
1999年5月仙台で塾形式開始
2000年10月受験ツアー開始
2002年6月札幌で塾形式開始
2002年8月特定非営利活動法人(NPO法人)アイタックとして内閣府より認証
2008年5月勉強会形式にて再出発

iTACの理念


参加資格

情報処理技術を高めたいと思っている人でiTACの理念に賛同していただける方.


iTAC塾の運営方針

  1. 情報交換の場
    「情報処理技術者試験合格《という同じ目標を持つもの同志がお互いに
    情報交換しあい,刺激しあいながら合格に一歩ずつ近づくための場になること
  2. 合格への道しるべ
    「情報処理技術者試験合格《に王道はないけれど,近道はある.遠回りはさせない.
  3. 合格は万能ではない
    「情報処理技術者試験《は国家試験。資格ではない.合格は,あくまでも防具であり,
    実務経験が武器になる.防具あっての武器であり,武器あっての防具である.
  4. 結果より過程が大事
    「情報処理技術者試験合格証書《も大事だが,過程のほうがもっと大事.
    合格のための勉強は必ず実務で役に立つ.単なる暗記ではなく,役に立つような勉強をしよう.